Dears BRAINのSDGs
チャペル
ディアーズ・ブレインでは、
2015年9月に国際連合が採択した
「持続可能な開発目標(SDGs)」
達成に貢献できるよう、
「Smiling Future Project」
テーマに掲げ取り組んでいます。 
ご新郎ご新婦、列席されるゲスト、
地域のみなさま、世界のこどもたち。 
わたしたちらしいやり方で、地球を守り、
笑顔あふれる未来を信じて 社会課題の解決と
持続可能な社会の実現に努めてまいります。
Dears BRAINのSDGs
チャペル
ディアーズ・ブレインでは、 2015年9月に国際連合が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献できるよう、 「Smiling Future Project」をテーマに掲げ取り組んでいます。 
ご新郎ご新婦、列席されるゲスト、 地域のみなさま、世界のこどもたち。 
わたしたちらしいやり方で、地球を守り、笑顔あふれる未来を信じて 社会課題の解決と持続可能な社会の実現に努めてまいります。

環境に関する取り組み

環境に関する取り組み


01
ペーパーレス化の推進
結婚式のお打合わせ・準備に必要な情報を集約したWEBツール「JOURNEY NOTE」、オンライン会計システムを導入し、ペーパーレス化に取り組んでいます。

02
エコアイテムの企画・販売
引出物袋としてもご利用いただけるコットンバッグ、披露宴で使う天然木のオリジナル箸など、環境に配慮した材料で作ったアイテムを企画・販売しています。披露宴で使うストローは、アップサイクル製品である自然由来の環境に配慮した生分解性のサトウキビストローを使用しています。

03
食品ロスの削減
食品残渣を野菜・果物・肉・惣菜・ごはん・パン・乳製品・コーヒーかす・茶かす・麺類・揚げ物・調理くず等、細かい分別を行い、飼料や肥料へのリサイクルに取り組んでいます。

04
ウエディングドレスの
アップサイクル
トレンドの変化、ほつれ、傷み、色褪せなどにより、お貸出しが難しくなったウエディングドレスの生地、レースやビーズなどの素材を二次利用。先輩花嫁のときめきや笑顔、携わるたくさんの人の想いを紡ぎ、運命の一着になりますように、世界中が笑顔で溢れますようにと願いを込めてマタニティドレスにリメイクしました。

教育に関する取り組み

教育に関する取り組み


01
キッズイベントの
企画・運営
フラワーアレンジメント教室、料理教室など子供たちを対象としたイベントを企画し、学びの機会を提供いたします。
他にも模擬披露宴の体験会、パティシエ、MCやフォトグラファーといった職業体験も開催しております。

02
海外プロジェクト
ディアーズ・ブレインでは内定者のプロジェクトとして、2006年のベトナムを皮切りに「10年、10ヶ国、10校プロジェクト」を達成しました。
2017年には、第2章「Double Ring」がスタート。継続的な支援で地域との結びつきを強める、新たな試みです。
支援を行った学校へは、現地に足を運んで子どもたちと直接ふれ合い交流を行っています。開校当日に行われる開校式や交流会もすべて内定者がプロデュース。単なる建設支援で終わることなく、現地の子どもたちとの交流を深めています。

働きがいに関する取り組み

働きがいに関する取り組み


01
働きがいのある職場作りと
ダイバーシティーの推進
福利厚生の充実や、時短制度やテレワーク制度など人事制度の改定、働き方の選択肢を広げるなど、働きがいを高めるための仕組み作りを進めています。また、女性管理職の雇用、ワーキングマザーシンポジウムの定期的な開催、LGBT研修や弾丸トラベラー研修、社内コンテストの開催などさまざまな取り組みを実施しています。
Dears BRAINのSDGs
チャペル
〈 第三者による評価 〉
さまざまな取り組みが評価され、 Great Place to Work® Institute Japanが実施する、2022年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング ベスト100に選出されました。

地域貢献に関する取り組み

Dears BRAINのSDGs
チャペル
〈 第三者による評価 〉
さまざまな取り組みが評価され、 Great Place to Work® Institute Japanが実施する、2022年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング ベスト100に選出されました。

地域貢献に関する取り組み


01
非営利組織・学生団体との活動
NPO法人キープ・ママ・スマイリングと学生団体・ノギとの3者協働プロジェクトとして「お弁当deスマイリングin佐賀大学病院」を発足させ、私たちは子どもの入院に付き添うご家族へ定期的にお届けする「ごちそうBOX(お弁当)」をお作りしています。生産者とも連携し、その土地の食材を活用するなど、地域の力で病気の子どもとそのご家族をサポートしていくことを目指しています。この3者協働の取り組みに対して、公益財団法人キリン福祉財団「キリン・地域のちから応援事業」の助成先として採択いただきました。